Hell-o Halloween!

暖かいコメントをいただいています。ありがとう!
さて今年も、この世のものではないキャラクターに変装し、舞台でなくこの世を、花道でなく歩道や車道を自由に歩ける日々が再来しました。acting being(行動する存在)である我々は「演技する存在」に変身し、自由横溢、どこか解放された演技者たちが今宵は拙宅にもやって来そうです。そんなとき、「トリックオアトリート」でなく「チュリッコチュリー」的に発するとより英語らしいでしょう。

これは今年8月半ばに米国の量販店で見つけたハロウィーングッズ10数万円! 沙翁大悲劇『マクベス』以来の伝統的Three Witches(三人魔女)が大釜(cauldron)で呪いのスープを作製中。
img_3587
ハロウィーンgoodsよりbadsでしょうか? とまれこの電子仕掛けの人形たちが発するのは『マクベス』の魔女たちが繰り返す呪いのチャンツ:
Double, double toil and trouble;
Fire burn, and cauldron bubble.
坪内逍遙訳は:http://books.salterrae.net/osawa/html/macbeth.html#macbeth-4-1
和英対訳としては;http://james.3zoku.com/shakespeare/macbeth/macbeth4.1.html
YOUTUBEでロイヤルシェイクスピア劇団の4幕1場を;https://www.youtube.com/watch?v=v6Ebfe90aeQ
「ロード・オブ・ザ・リング」のガンダルフ役イアン・マッケランの若き姿有り。
その他、放っておけば次々と別バージョン登場。
Have a nice day! and night!
May each day be Halloween!?!?!?

やっと果たせた約束

励ましのコメントやメール、ありがとうございます! 遠山は少し動き始めました。

初のお出かけと申しましょうか、長く延ばしてしていた約束を、週明けにやっと果たしました。
2002年にクロスワードパズルの歴史をまとめた本を上梓したことがあり、その関係で、あのパズルの老舗ニコリ社から、とても大きなクロスワードパズル「メガクロス」を作ったので是非見に来て欲しいとの要請をいただきました。ただ、約束の日の10日前に体調を崩し、世に戻って10日目にやっと拝見することができました。(拙著執筆中お世話になった編集者の石原さん、やっと行ってきました!)

img_3287
向かって左が数独のゴッドファーザー(名付け親)で社長の鍛冶さん、右が副社長の後藤さん。そして中央の白黒の柄の反物のようなものが「メガクロス」のグリッド(盤面)の一部です。伸ばすと13mになるとのこと。クルー(カギ)の本!が3冊!!(だったかな)・・・。ライフワークものです。

これを見て、喉元でやっと怺えた一言が「メガシロクロス」(評価御免)。
それはともかく、1時間ほどで辞去。楽しい午後でした。

ニコリ社のブログにも掲載されました:http://www.nikoli.co.jp/ja/activitycat/2016/