いたいけな耳に

商品を売るためのテクのひとつに言語遊戯がありますが、この作品など、機内の気圧変化で起こるあの耳のトラブルに対処するためのlittle gadgetを、高レベルとは呼べない語呂合わせで、取っつきやすくしようとする努力が感じられます。幼児はhelplessで泣くばかりですから、役立つかも知れません。


あの痛みは、ear painやan earacheで表せますが、医学用語で、aerotitis「航空性中耳炎」などと言うようです。(たぶん知っている人は少ないでしょう)

これもまたひとつの「空耳」でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です