the gingerbread man

ギンガーと読む人がいないほど「ジンジャー」は人口に膾炙してしまった。(小生の幼少期は「しょうが」だったけれど)

この生姜を入れたクッキーの生地(cookie dough)をcutter(型!)で切って作ったのがgingerbread manで、この季節やハロウィーン、イースターなどで人気。その菓子が逃亡するというお話が19世紀に大ヒットして大衆文化に焼き付いたのだが、実際には男女取り揃えて作られるようで、この英語島のEvolutionというカフェでは、南国らしい男女となんだかよくわからないものたちが、元気に作られている。

Gingerbread people ready to go!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です