『34丁目の奇蹟』

この季節に何度も放映される映画Miracle on 34th Street(1947)の34th Streetとはメイシーズ百貨店のある通りで、話は同百貨店で“発見”されたサンタクロースの真偽を裁判で問い、最後に奇蹟が起こるというお話。

物語には社長のメイシーさんも登場しgood deedを為し、ライバル店も右へならいをする。日本橋タカシマヤが舞台の『中央通りの奇蹟』という映画で社長が現れ万人がうなずく善行を為すと松屋も従う、ということを考れば、Macy’sにとってこの映画は大変なクリスマスギフト。

この島の店内にもサンタのカードがあるが、この店にあることはひとつのステータスとなる。The Night Before Christmasという、ポップカルチャーで揺るぎない存在である詩の最後の言葉and to all a good night!というサンタの挨拶のカードまで抜け目なく揺るぎなく置いてあります。

入口に、Believeというモットーの郵便箱があり、サンタへ手紙を書くよう子どもたちを誘っています。

1994年の同名のリメーク(邦題は一字違いの『34丁目の奇跡』)では、Macy’sが名前の使用を断り、別名(ライバル百貨店は存在せずこれも別名)で登場。

ちなみにクリスマスデーは休業。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です