ダブレットの解答

ダブレット問題の答えです。

CAT

BAT She ran out of the office like a ___ out of hell ( = very quickly and abruptly).

BAG The game is in the ___. = The game is ours.

BOG Area of wet, muddy ground

DOG

解説です。

like a bat out of hell 「物凄いスピードで 思いっ切り飛ばして」 火や光を嫌うコウモリが業火燃えさかる地獄に閉じ込められ隙を狙って大急ぎで脱出するように、という説明もある

in the bag 「こっちのものになること確実で」 欲しいものが袋に入ったイメージ The election is in the bag.

 野球チーム・ニューヨークジャイアンツが26連勝を達成した時期に同チームが作った迷信。リードしているときに投手のためのボールバッグをフィールドから引っ込めれば、投手はもう投げず、ゲームもバッグに収まるという迷信から。

bog 「沼地」 bog downはslow downの意味 沼地に入って速度が落ち上手く進めないというイメージ

ダブレットの問題例

『不思議の国のアリス』の作家ルイス・キャロルが考案したパズル形式で、1度に1文字を変えながら同じ長さの単語を別の単語に変えていきます。逆からでもOK。以下遠山式でカギを付けて英語学習感を加えました。カギや単語数に縛られず自由に進むのももちろんOKですし、最短を目指すのも大きなチャレンジになります。

CAT

__ She ran out of the office like a ___ out of hell ( = very quickly and abruptly).

__ The game is in the ___. = The game is ours.

__ Area of wet, muddy ground

DOG

英語島の猫

英語島のスーパーで卵を買う。3x6の18とは何だか変だ。

午後草取り中、石と石の間の雑草をつかむと、叫び声と共にグレーの物体が浮かび上がり飛び去った。その跡には卵が。A hen was sitting on her eggs.ということに気が付いた!

数えると8。野生の鶏が激増していると聞いていたが、こんなことは初めてだ。すでに卵はたっぷりあるのでい卵し、今日はhenな日である。

昨日の問題の答え

Answer 1:

(The letter) S.

Answer 2:

そのままSをどこかに置くとすれば

The quick brown fox jumped over the lazy dogS.

ただ最もよく知られるpangramは

The quick brown fox jumpS over the lazy dog.(定番)

ただし、theが2回あるので、

The quick brown fox jumps over a lazy dog.

という文もある。

いろは歌は仮名を重複なしで作った perfect pangram(完全パングラム)だと言ってみたい。

欠けている文字は何?

16歳のとき、姉の紹介で初めてアルバイトをして入った給料と、祖母が足してくれたお金とで、念願のブラザーポータブルタイプライターを買った。別注文して送られた打ち方教本には、アルファベット全文字が入ったセンテンス(pangram)があり、練習用によくタイプした。そして今日ひょんなことからネットでそれを使ったクイズに出くわした。

  The quick brown fox jumped over the lazy dog.

は、pangramのつもりですが、1文字欠けています。その文字は何?という問題。

次はぼくの追加質問: その文字はどこに入れますか?

15年ほどとても役に立ちました。

日々是・頭韻 /w/-/w/と/mæ/-/mæ/

wary(慎重な「wエアry」)とweary(うんざりした「wイアry」)、そしてmask mandate(マスク着用義務)。2個の頭韻ペアがひとつの見出しに登場。
内容は、主要な郡の中でロサンゼルス郡が先頭を切って、公共施設内でのマスク着用を再び義務化する方向に進んでいるという内容です。韻鬱なというか、ジュラシックな流行り言葉を使えば、カックンと来ちゃう・・・。この古代の日本語をよく見れば、/k/音の3連発であった。

日々是・頭韻 /big/ – /big/

原典: “Let the games begin!”。

紀元前776年に古代ギリシャの祭典で発せられたもの。「ゲームを始めよ!」「ゲーム、スタート!」という意味で、競技イベントの宣言として常用されています。その使用例は

https://www.getyarn.io/yarn-find?text=Let%20the%20games%20begin.

の多くの映画テレビシーンで見ることができま~す!

これを頭韻を踏み忘れずに踏まえたのがNYT典:

心配している人は海の向こうにもいるようです。

夏来たり縁が来る寺?円覚寺

過日。夏も近づく円覚寺。午後。

相変わらず綺麗にしているなあ

石段を登り境内に入る。ほぼ無人。閉門より少し前。山門をくぐり本殿の前で振り返ってパチリ。と、ファインダーの端のベンチに高校生男女。下校時に禅寺でデートとはいかす立派。映画より安いし、楽しそうに話している。

本殿参拝。

暑い。♬あっつさでのぼせ上がった 心は宙に浮いた ままあ うろうろふーらふーら・・・(大滝詠一「あつさのせい」)とまではいかないが、「熱き心に」の天才の心躍る曲を思い出す。彼と「ハッピーエンド」を教えてもらったことは一生の宝だ。教えてもらうことばかりの人生だから英語を教えることになっているのだろうと、想念は木立に漂う。別の道から出口へ向かう。と、あ、いた、あはは、まだ話してる!

駅に戻ると高校生多数下校帰路電車。小津安二郎のモノクロ映画では蒸気機関車だったな、このあたり。今日は原節子ではなく高校生レイトアフタヌーン。

Train I ride, 16 coaches long
Train I ride, 16 coaches long
Well, that long black train got my baby and gone (Elvis の”Mystery Train”)

これは15-car trainだから車両数は近いが、黒い汽車ぽっぽでもないし 俺のベイビーでなく私を乗せて消えちまった
It got me and gone!

註: get gone たとえばボールが見つからず It got gone!など 「どっか行っちゃう、消えちまう」というスランギーな言い方 Mystery TrainのMysteryに通じるようだ それにこのあとこの列車はベイビーを乗せてどこからともなく返って来るという有り難き奇跡が起こるので、中世以来のmystery play(神秘劇)をもじってこう呼ぶのかもしれないとは遠山説。語源はmysteryなれど。  Mystery Dateは歌の題名になるだろうか。