SPRING WILL BE EARLY. IT’S A CERTAINTY!? カナダ・米国の節分風イベント

2月2日は、春が近いか遠いかをモルモットに占ってもらう

  Groundhog Day

だ。「土豚の日」と直訳できるも、ground hog自体は豚との類似はあまりなく、体も小さい。

要は、この日に巣の穴(burrow)から顔を出し、自分の影を目にすれば春は遠く、影がなければ春近しとなる。カナダのイベントに関する興味深い記事がある。

  https://globalnews.ca/news/9454111/groundhog-day-2023-canada/

国内のあちこちでイベントが開催され、判定は割れたという。面白いことに各地のモルモットはほぼみな頭韻名が付いている。

が、フランス語州のケベックではFred la Marmotteと無頭韻だ。イベント委員長(?)のRoberto Blodinさん(英語風にはBob Blodinと頭韻名になりそうだが、この際人間はお呼びでない)がグラウンドホッグを起こしにいくとvital signs(生命兆候)がなかったという。春がまるで来ないのかと憂慮される。

他の州の例では、オンタリオ州の Wiarton Willie、アルバータ州のBalzac Billy、ブリティッシュコロンビア州のOkanagan Okie、ノヴァスコシアのShubenacadie Sam、マニトバ州のぬいぐるみMervなどが、それぞれ”占った”ようである。

隣りの米国では独占的にペンシルバニア州のPunxsutawney(パンクサトーニー)市のイベントがテレビ放送される(市と州が頭韻を踏んでいるのは偶然だろう)。ここでのグラウンドホッグの名はPunxsutawney Philとこれは(P-Pと)見た目のみのサイトライムだが、このモルモットはその名を馳せているようだ。

ちなみに有名な傑作喜劇映画(とは周知のことだが)のGroundhog Day『恋はデジャブ』はこの町を舞台に展開し、毎日が同じ日になってしまうという野心的な内容で、同じようなセリフが繰り返されるからリスニングの進歩が見る見る実感できるかもしれない。

有名と言えば、この動物にはウッドチャックという別名もあり、あの早口言葉How much wood would a woodchuck chuck に登場する。(最後まで行けば、if a woodchuck could chuck wood.となる。)

ところで、最近はモルモットばかりでなく、ノヴァスコシアではLobby the Lobsterが自分の影を見たようだ。

ただし、科学的な見地からの報告では、グラウンドホッグの予言は、「疑いの影(というかひとかけら)も無く」“beyond a shadow of a doubt”コイントスと同じくらい当てにならないということだ。しかしこれに乗じてPredictions by groundhogs are all groundless hogwash.と言ったら洒落(groundless「根拠のない」hogwash「ナンセンス」)にもならないだろう。明るい話僅少の昨今、とんでもなお話なので、つい力が入ってしまいましたが、頭韻矢の如し。今日も暮れました。

めぐり逢い 

兆単位の話が耳目に入る。たとえばあちこちの国で気の遠くなるような予算が計上されるのでその額に縁の無い者としえは楽ではない。

楽なのは「兆」の和英表現。あの「千」から久しぶりに日英単位が巡り逢う。

1,000  one thousand one sen までは仲むつまじい。

このあと 10,000 ten thousand と 1,0000 one man と食い違い、永遠の別れのような気配漂う中

1,000,000,000,000 one trillion と 1,0000,0000,0000 one cho で合致り再会。

そのまま one hundred trillion  one hundred cho までランデブーし、そのあと

1,000,000,000,000,000 one quadrillion 100,0000,0000,0000 one thousand cho とまた別れてしまう。

そのまたあとは次の逢瀬に思いを馳せるもよし、深追いせぬもよし。

一兆上がり!と得心が行けばご同慶。数字自体が兆っと仰る方にはご賛同(?)。

TURBULENT TIMESについて  

平静を装おうとしても肝心の服がもう切れてしまったようなこの時代をturbulent timesと呼べるだろうがと思いグーグルと約 14,100,000 件 (0.39 秒)と出ました。速いなAIは。そのうち、「平静を装おう・・・」と「肝心の服が・・・」とはウィットとしての整合性が弱いですよ」などとメッセージが来るのかな。そこまでのおつき合いはしたくないな。詩も文章も点も丸も全部自分の責任で悩み書き間違えるよ。オートコレクトはオートクラットに繋がるよ、君。ほどほどにね・・・と脱線しそうなのでturbulent timesに戻ると、

  in these turbulent times(この怒濤の時代に)

と複数で表し、この形容詞は「荒れ狂った」とか「騒然とした」といった意味だ。「トゥーブュルンt」風発音。

考えてみれば人間誰もが怒濤の人生。ずっと穏やかだという方はまだこれから先がある。周囲で起こったことも含めれば穏やかではおれぬときも多々あるはず。人間皆サーフライダー。怒濤を越え、怒濤にもまれ、浜辺に上がり、一服しようと珈琲店に入れば何とそこが怒濤ール(これは言語遊戯。ちゃんと休めます)。やれやれ。休んでまたサーフィン。

今欲しいものはハル・デイヴィッドの出だしを借りれば

  What the world needs now is a voice of reason in these turbulent times.

ではないか。

言わせろ犬。

何でこれがここにある? 員にこもった、物凄く!

家人に訊かれて何じゃこれは?になってしまった「員」の字。何だか嫌な感じだ。

  What’s this kanji doing here?

と呟く(「何々はここで何をしている?」という直訳パターン)。

「ふくいん」と読むのは知っていたが、「員」はここ数年気になるも調べず。「義員」(よしかず)という方は2名ほど存知ていた。そういうわけで「員」は「かず」つまり「数」を表し「定員」なら「定まった数」だとのこと。「幅の数」か。それなら「狭し」より「少なし」がベターではないかなどとぶつぶつ思いながらの一日となり、at the end of the day(結論として)

  I just left it at that.

と、そこまでにした。英語なら

  NARROW ROAD
    AHEAD

というサインがある。「幅員減少」という和サインもあり、これが似合う。

動詞GETの大ブレーク

英語環境の仕事を始めて、「給料日」は脚韻華やかな”pay day”に変わった。cashで支払われる時代で、職場ではDid you get paid yet?やOkay, let’s go get paid.といった言い回しがよく使われていた。Have you been paid yet?より威勢がいいし、Let’s be paid.と無理に言えばLet’sの興奮とbeの静けさにちぐはぐ感がある。この動詞getは18世紀の口語英語界にブームを巻き起こしたという。やはり、そのアクション性とそれを体感させる響きによるところが大だったのだろう。以下、その様子を誇張した形で伝える当時の記事。(chaiseは「2輪馬車」)HAVE GOTを含め、天こ盛りごった煮風の話になっています。

“I GOT on Horseback within ten Minutes after I received your Letter. When I GOT to Canterbury I GOT a Chaise for Town. But I GOT wet through before I GOT to Canterbury, and I HAVE GOT such a Cold as I shall not be able to GET rid of in a Hurry. I GOT to the Treasury about Noon, but first of all I GOT shaved and drest. I soon GOT into the Secret of GETTING a Memorial before the Board, but I could not GET an Answer then, however I GOT Intelligence from the Messenger that I should most likely GET one the next Morning. As soon as I GOT back to my Inn, I GOT my Supper, and GOT to Bed, it was not long before I GOT to Sleep. When I GOT up in the Morning, I GOT my Breakfast, and then GOT myself drest, that I might GET out in Time to GET an Answer to my Memorial. As soon as I GOT it, I GOT into the Chaise, and GOT to Canterbury by three: and about Tea Time, I GOT Home. I HAVE GOT No thing particular for you, and so Adieu.” [Philip Withers, “Aristarchus, or the Principles of Composition,” London, 1789, illustrating the widespread use of the verb in Modern English]

うっかりフラワー

秋、家人がスケッチ散歩の途中で買ったと言って持ち帰ったカリフラワーの苗を、そのまま大きな鉢に移さず放置してしまったバルコニアンが、年明けて20日も経ってしまっている冬の日に、この先咲くだろうとかすかな願いを込めた鉢をあれこれ置いているその中に何とその”花野菜”が、十分見過ごしてよいほどの極小サイズの実を結んでいるのを発見した。中に入れ、ティシューボックスを実の横まで持ち上げ、もう片方の手でシャッター。

ご案内の方も多いだろうが、英語語源辞典https://www.etymonline.com/によれば、cauliflowerのcauliは「キャベツ」だとのこと。

coleslaw(コールスロー)のcoleもキャベツ。
kale(ケール)もキャベツからというのも納得でけーる。

それにしてもバルコニアンとしては自慢できる話ではないが、放置されたカリフラワーの身になれば春まで自慢すべきであり、二年草という話もあり、このまま収穫すべきかどうかはこれから調べることにして、今年こそは深さ30cmの大型ポットに移そうぞ。

頭韻矢のごとし Porta-potty 

商品名が普通名詞扱いになったもので、日本語の簡易トイレのことだ。トイレハウスとも呼ばれるようだが、大き過ぎないか。電話ボックスを思い起こしてトイレボックスではどうか、と提案したくもあるが、小さすぎるかも。

英語は/p/頭韻で、portaはportableの一部だ。pottyはchamber pot(おまる)由来の幼児語でトイレを指す。go pottyで大小を「ちゅる」的な意味がある。

UK informalと定義する辞書もあるが、USでも使われる。UK発音は「ポータポティ」でサッパリした印象。US発音は「ポーrダパディ」でずっしり感がある。

ちなみに、フランス渡来の prêt-à-porter(プレタポルテ)のporterはportableの語源でcarryという意味になる。ready-to-wearと英訳されているが、原語ではready-to-carry。そのまま(テイラーに計らせずに)持って行ける、いろいろな既製のサイズの中から選んで、ということで、これもまた/p/頭韻だ。

「それ、まだ出来ていないんです」

進捗状況を尋ねられて、上のように言えば、もの悲しく感じることもあるでしょうか。嘘でもいいから前向きにという表現が英語には多く、その中のひとつが

  It is a work in progress.「それは進行中の作業です」[直訳]

not yetのない、背筋がすこし伸びるような言い回しなので、引き出しにしまっておきましょう。

制作中の製品や仕事の上に、イニシャルの

  WIP

と書いた紙をのせれば、触れないで・捨てないで・鋭意作製中といった意味のサインに。

  We’re a work in progress.

と言えば、我がチーム・我が社・我々は(何かに関し)検討中・改善中・進行中等々だということ。

新年は

演出家・シニアダンサーの畑さんと面白いことが出来ればと検討中。