ロバートフロストのあの詩がみんなのものに

2019年1月1日 私の好きな(というより世界中の何億という人々が好きに違いない)詩人ロバート・フロストの詩がまた一編パブリックドメインに入ったという。ピューリッツァー賞4度受賞の詩人。詳しくはこちらで。https://www.washingtonpost.com/history/2019/01/01/robert-frost-wrote-this-masterpiece-about-minutes-it-belongs-all-us-now/?utm_term=.2c12a372e0cd

上のサイトにはその詩も掲載されている。シンプルな語彙と文構造、かつ深い感銘。うれしさ余った結果の大急ぎの拙訳はシンプルかつシンプル(無韻ご容赦)。

雪の降る夕刻に森の横で止まる

これが誰の森なのか たしか私は知っている

彼の家は村にあるのだけれど

彼には見えまい  私がここで止まっているのを

彼の森が雪で満ちていくのを見つめるために


私の小馬は奇妙に思うに違いない

農家が一軒もないところで止めたことを

この森と凍った湖の中間で

一年で最も暗い夕刻に

彼は馬具の鈴を一度鳴らす

何かの間違いではと問うために

音と言えばあとは吹き抜ける

強くない風と綿毛のような雪

森は美しく 暗く 深い

でも私には守るべき約束がある

そして眠るまでに何マイルも行かなければ

そして眠るまでに何マイルも行かなければ

以下 原詩です。

Stopping by Woods on a Snowy Evening

 

Whose woods these are I think I know.

His house is in the village though;

He will not see me stopping here

To watch his woods fill up with snow.

 

My little horse must think it queer

To stop without a farmhouse near

Between the woods and frozen lake

The darkest evening of the year.

 

He gives his harness bells a shake

To ask if there is some mistake.

The only other sound’s the sweep

Of easy wind and downy flake.

 

The woods are lovely, dark and deep,

But I have promises to keep,

And miles to go before I sleep,

And miles to go before I sleep.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です