Daikon do it! [B-minus]

お馴染みの台所現象。冷蔵庫でくたびれていたdaikonが水で100%再生。
Water surprise, water power.

Knock, knock.
 Who’s there?
Water.
 Water who?
What are you waiting for? Open the door……

ナニガの方とチェ・ゲバラ

太古、親類に「ナニガの方」という名のあだ名を持つ女性がいました。名を思い出せないとき、「あのナニがねえ、こう言うものだから」のように、「ナニが、ナニを、ナニの」などが、間を取らずに出て来る人だったからです。

英語の場合、
  what’s-his/her-name [「人」の場合。「もの」にはwhat’s-its-name]

が標準ですが、「もの」を表す「ナニ」には他に次のような言い回しがあります。こうした語の多くを知っているという方は、その豊かな知識ゆえ、ナニガ属ではないと言えるかもしれません。

doodad、gimmic、gizmo、gubbins、thingamabob、thingamajig、thingummy、whatchamacallit、widget etc.

ただし、お察しのように、お茶目というよりお目茶という響きがあり、やはりここは、ポーズを取ってerとかuhとか発し、What was his/its name, er.などと独り言風に発し、Anyway, this person.とかUh, whatever you call it.のように言ったりしてから話を続けると良いでしょう。こうした言い回しが必要になるまで話し込む努力(独り言や会話)をされることは良いと思います。私はすぐ必要になることがよくあるので問題ありませんが。 

私たちが頻繁に、かつ無意識に使う言葉をpet phrase(ペッtフレイz)と言います。ナニガの方のように、それが愛称となった例をもうひとつ。アルゼンチン出身の政治家でキューバなどでのゲリラ指導者でもあったチェ・ゲバラです。「チェ」は彼の出身国では「やあ」といった意味のフレンドリーな間投詞ですが、キューバでは珍しがられ、それをよく使ったゲバラの愛称に。

和風四月一日話

昨一日、極楽寺の伽藍の大屋根で、「知らざあ言って聞かせやしょう」の弁天小僧菊之助の大立ち回りと立腹があった。また、盗賊団の首領日本駄右衛門が、同山山門上での大立ち回りの末、情けを受けて境内を去り、長い一日の幕が下りた。

と「白浪五人男」の筋書きで、実際の寺は往事スケールの大きなものだったようです。災害・戦火をくぐり抜けて、現在はしとやかに小ぶり。

APRIL FOOLS’ DAYの自動車会社名

こんなニュースがありました。電気自動車販促用に社名を変更するという大きな電気を迎えたVolkswagen社というところですが・・・・・・

KT コメント: After putting out the “fake news” on April 1, Voltswagen just Voltsed out the factory door.

waltz out: 何事もなかったように軽やかに出る・去る

エイプリルフール!的ニュース

過去12世紀で一番早い満開を迎えた染井吉野のニュース。4月1日だったのでSeriously?と思いきや、発信元はまだ3月末日。

大阪U、頑張りました。

パンデミック下にApril fools用の記事は有りや無しや。April Fools’ Day clipsなどで検索なさっては如何。

いいねのサイン

親指を立ててOK! Great!など、同意・賛意・承認を表すサインは、Thumbs-upです。声に出して”That’s a thumbs-up!”という場合もあります。
 立てる親指は1本なのに複数になるのは、「他の人も含めて」といった大賛成の意味が込められているかもしれません。前もって大事なことを知らせてくれた人に、Thanks for the heads-up.と感謝するのも、「自分を含めた顔がフッと上がって警告を知るイメージ」があるからかもしれません。(以上仮説で、なぜ複数なのかは不明です)

両方立てた場合は? それはTwo thumbs-up!で、twoはthumbsにかかるイメージ、(x) Two thumbs-ups!となることはありません。

先ほど、I think I’m getting better at cooking.というメールをくれた人に、Thumbs-up!を送ろうとしたのですが、こんなチョイスが出てきました。

なるほど! 色々な手がありますね!

英語で最も長い早口言葉

として脚光をまったく浴びていないものに、The Saga of Shrewd Simon Shortがある。内容は靴屋のSimon Shortと妻Sallyの次男Samuelが、Sophia Sophronia Spriggsに恋をするというもの。全語がアルファベットのsで始まる単語から成り、sとshを言い分けられるかというのがチャレンジです。

なお、後半に出て来るSartin.という言葉は、Certain.の意味で、本音はCertainly.と書きたいところだが、sスタートの単語にこだわり切りたい作者は、地域大限定のsartinという形容詞をそのまま使っています。

ちなみに、この作品はThe world’s longest tongue twisterと呼ばれることがありますが、滑舌練習のチャンピオンでもある歌舞伎十八番「外郎売(ういろううり)」の長さと難しさには敵いそうもありません。

The Saga of Shrewd Simon Short

Shrewd Simon Short sewed shoes. Seventeen summers, speeding storms, spreading sunshine successively, saw Simon’s small, shabby shop, still standing staunch, saw Simon’s selfsame squeaking sign still swinging silently specifying: Simon Short, Smithfield’s Sole Surviving Shoemaker. Shoes Sewed-Soled Super-finely.

Simon’s spry, sedulous spouse, Sally Short, sewed shirts, stitched sheets, stuffed sofas. Simon’s six stout sons — Seth, Samuel, Stephen, Saul, Silas, Shadrach – sold sundries. Sober Seth sold sugar, spices; simple Sam sold saddles, stirrups, screws; sagacious Stephen sold silks, satins, shawls; sceptical Saul sold silver salvers; selfish Shadrach sold salves, shoestrings, stops, saws, skates; slack Silas sold Sally Short’s stuffed sofas.

Some seven summers since, Simon’s second son Samuel saw Sophia Sophronia Spriggs somewhere. Sweet, smart, sensible Sophia Sophronia Spriggs. Sam soon showed strong symptoms. Sam seldom stayed storing, selling saddles. Sam sighed sorrowfully, sought Sophia Sophronia’s society, sang several serenades slyly. Simon stormed, scolded severely, said Sam seemed so silly singing such shameful, senseless songs. ‘Strange Sam should slight such splendid sales! Strutting spendthrift! Shattered-brained simpleton.’

‘Softly, softly, sire,’ said Sally. ‘Sam’s smitten; Sam’s spied some sweetheart.’

‘Sentimental schoolboy!’ snarled Simon. ‘Smitten! Stop such stuff.’ Simon sent Sally’s snuffbox spinning, seized Sally’s scissors, smashed Sally’s spectacles, scattering several spools. ‘Sneaking scoundrel! Sam’s shocking silliness shall surcease!’ Scowling, Simon stopped speaking, started swiftly shopward.

Sally sighed sadly. Summoning Sam, she spoke sweet sympathy. ‘Sam,’ said she, ‘Sire seems singularly snappy; so, solicit, sue, secure Sophronia speedily, Sam.’

‘So soon? So soon?’ said Sam, standing stock-still.

‘So soon, surely,’ said Sally, smiling, ‘specially since Sire shows such spirits.’

So Sam, somewhat scared, sauntered slowly. Shaking stupendously, Sam soliloquised: ‘Sophia Sophronia Spriggs, Spriggs — Short — Sophia Sophronia Short-Samuel Short’s spouse — sounds splendid! Suppose she should say — she shan’t — she shan’t!’

Soon Sam spied Sophia starching shirts, singing softly. Seeing Sam she stopped starching, saluting Sam smilingly. Sam stammered shockingly. ‘Spl-spl-splendid summer season, Sophia.’

“Somewhat sultry,” suggested Sophia.

“S-s-sartin,” said Sam.

‘Selling saddles still, Sam?’

‘S-s-sartin,’ said Sam, starting suddenly. ‘Season’s somewhat sudorific,’ said Sam, steadily, staunching streaming sweat, shaking sensibly.

‘Sartin,’ said Sophia, smiling significantly. ‘Sip some sweet sherbet, Sam.’ (Silence: sixty seconds.) ‘Sire shot sixty sheldrakes, Saturday,’ said Sophia.

‘Sixty? Shot!’ said Sam. (Silence: seventy-seven seconds.)

‘See sister Susan’s sunflowers,’ said Sophia, socially, silencing such stiff silence.

Sophia’s sprightly sauciness stimulated Sam strangely; so Sam suddenly spoke sentimentally: ‘Sophia, Susan’s sunflowers seem saying Samuel Short, Sophia Sophronia Spriggs stroll serenely, seek some sequestered spot, some sylvan shade. Sparkling springs shall sing soul-stirring strains; sweet songsters shall silence secret sighings; super-angelic sylphs shall —’

Sophia snickered; so Sam stopped. ‘Sophia,’ said Sam, solemnly. ‘Sam,’ said Sophia.

‘Sophia, stop smiling; Sam Short’s sincere. Sam’s seeking some sweet spouse, Sophia.’

Sophia stood silent.

‘Speak, Sophia, speak; such suspense speculates sorrow.’

‘Seek, sire, Sam, seek sire.’

So Sam sought sire Spriggs.

Sire Spriggs said, ‘Sartin.’

エヴァー・ギヴン丸 

スエズ運河につっかえた(stuck in/across the Suez Canal)コンテナ船(container/cargo ship)のThe Ever Given丸がやっと解き放たれたというニュースを見ました。仕事を請け負う会社のCEOが”Freeing the ship might take weeks.”と言ったばかり。欲張り超大vesselの存在に驚嘆し呆れ続けた1週間は終わりそうでまずは一息。

それにしてもwordplayを愛好する者として、この超重現象から何が言えるかと問われれば、
  The Ever Given might assume the new name: The Never Forgiven.
でしょうか。砂塵嵐(dust storms)は強まるばかりのようです。

会話に出ない英単語「蒲焼き」

ウナギの蒲焼きに当たる英語として、
  spitchcock
があり、辞書にちらほらと、

・an eel that has been split and grilled or fried 裂かれ、直火や強火で焼くか揚げられたウナギ
・Split and grill or fry (an eel or other fish). (ウナギや他の魚を)裂いて焼く、あるいは揚げる。

・Until October 1st, the spitchcock exports to Japan recover after stopping two months.(2ヶ月とどこうったあと、日本への蒲焼き輸出は10月1日まで持ち直す)

のような説明や例文があるが、認知度は低いので、使うと恐らく質問が来ます。grilled eel、あるいはkabayakiあたりで言い出すのがよいでしょう。

鶏を開いて焼く「鶏の観音開き」は火が通りやすい焼き方ですが、英語にspatchcockがあります。これも知る人ぞ知るレベルです。

語源面では、spitchcockが15世紀で、spitchがspitかstick(両者とも「串」)、cockはcookか? この「串」ですが、日本の蒲焼きの語源はウナギをぶつ切りにして串に刺して火の周囲に立てた様子が蒲に似ていたことで、西の方角でもやはりそうしていたのかという疑問が湧きます。
spatchcockは18世紀で、dispatchの原義「急ぐ」(火が早く回る)とcockは「鶏」? といった説がありますが、定かではない。

では最後にwordplayの基本、knock-knock jokeでカバーしましょう。

Knock, knock.
 Who’s there?
Eel.
 Eel who?
Eel meet again!