バミューダのマーク・トウェイン

マーク・トウェインに魅せられた人・信奉者・熱狂的ファンはTwain-iacと呼ばれる。maniacベースの脚韻造語だ。

僕は全くレベルが違う。トウェインの作品少々と名言集に必ず顔を出す諸引用文から力を得てサバイバルの糧としてきた、いわば彼の訓練生Twaineeである。

ではあるが、タイムマシンがあれば晩年に彼が訪れたバミューダへ飛んで話ができれば幸甚だ。100数十年後の話と僕のことを少々語れば少なくとも1日2日は泊めてくれるだろうか。そしてビリヤード(島にはなかったろうからやはりご自宅に伺ったほうがよいか)に誘ってくれれば結構いられるかもしれない。

次はMark Twain in Paradiseという出版物からの引用文のようだが、彼の”パラダイス”観が垣間見えて興味深い。

There are no newspapers, no telegrams, no mobiles, no trolleys, no trams, no tramps, no railways, no theatres, no noise, no lectures, no riots, no murders, no fires, no burglaries, no politics, no offences of any kind, no follies but church, & I don’t go there.
– Letter to Elizabeth Wallace, March 10, 1910

文中のmobilesとは、当時発明された電話線に地上から電極を伸ばして引っかける通信装置のことだと思われる。ユーモアは哀しみから生まれる。天国にユーモアはない、と言った同氏。

そうじゃ、携帯を持って行けば・・・使えない。

これは英語力とデッサン力の要るビジットになりそうだ。

白いスーツに醤油でも垂らして参ろうか。

これはポケットでエイトボールにつかまったか、米国発「四つ玉」four-ballのくっつきか、いずれにしても、トラブル越えにエネルギーを燃やす姿

ワッツ氏逝く

ローリングストーンズのドラマー、チャーリー・ワッツが亡くなったというニュースで、ローリングストーンズがなくなったと一瞬感じたのは僕だけではないだろう。思えば彼はストーンズの立派な心臓であった。彼の打ち出す正確きわまりない強いビートのせいで、それまで普通に流れていた血液は、波打つように体内を駆け巡り、いても立ってもいられない気分にさせてくれた。その彼はというと、他のメンバーたちのようなスタンドプレイを一切しないという駄洒落を言わずにはいられない特異な存在だった。いつも公園に必ずやって来て皆としっかり遊んでは静かに帰っていくことを繰り返す無口で家のよくわからない近所の子のようなチャーリー・ワッツ。バンドの仕事はジャズ演奏への情熱の火を絶やさぬためのday job(アルバイト)だという割り切りの良さの良さ。一度、フロントマンのミック・ジャガーが彼をMy drummer.と人前で呼んたとき、パンチを食らわせ、He’s my singer.と言い添えたという逸話も実話っぽい。恥ずかしながら、あなたのビートに乗ってよく人生や心のあちこちを歩かせてもらいました。R.I.P.

日々の頭韻 /s/-/s/ 英語島から豪州まで

A survey says ….は「ある調査によるとなになに」、The survey says ….だと、その前にメンションされたある調査にthe でフォーカスして、その調査結果を紹介できます。

According to a/the survey ….は、どこかドラマチックな響きのあるイントロですが、

一方A/The survey says ….は、サッパリシンプル。

このaやtheを取り去ってさらにシンプルに、頭韻する2語で

  Survey says!(調査では!)

と言って答えを発表するパターンを作ったのが米国テレビの家族対抗クイズ番組。その名も

  Family Feud (「ファムリfューd」1976年スタート)

\(◎o◎)/ これまた/f/-/f/の頭韻!

意味は「家族間抗争」。といっても『ロミオとジュリエット』的バイオレンスは無し。

番組ではOur survey said!やThe survey said!などのフレーズも使われていましたが、Survey says!がキャッチフレーズ(taglineとも言う)化しています。

この番組は外国でコピーされ、広く英語圏のポップカルチャーに浸透。タグラインは冒頭のような見出しにも登場。

これはオーストラリア版です。Survey says!のフレーズをキャッチしてみましょう。

アインシュタインとチャップリンのやり取り

chiasmus(カイあzムs)は通常個人で行うレトリックで、JFKの有名な言葉がよく引き合いに出されます。

 Ask not what your country can do for you, ask what you can do for your country.(皆さんの国が何を皆さんにすることができるかと問うのではなく、皆さんが何を皆さんの国にすることができるかと問うてください)

最初のフレーズの語順を2番目のフレーズで逆にするというトリックを指すことがあります。和訳:交錯配列法、は交差配列法、交錯配語法、交差配語法、交差対句法など。

これを二人で行った珍しい例が、アインシュタインとチャップリンが初めて会ったときに起こりました。但し、カイアズマス風だと断っておきます。

かいつまみますと、ア氏がサイレント映画の王様に「一言も言わないのに世界中があなたを理解する」。チャ氏が物理学界のチャンピオンに「誰も理解しないのに世界中があなたを崇める」。

Einstein said: “What I admire most about your art is that it is universal. You don’t say a word, and yet the world understands you”.

Chaplin replied: “That is true, but your fame is even greater: the world admires you, while no one understands you”.

結び付き

コーヒーとむすびでしばし早朝する(?)こと有り。Spam musubi(スパムむすび)は、スパムを缶詰の形そのままにスライスして白米で挟み海苔で巻いたもので英語島の腹ごしらえ、小腹ごしらえのチャンピオンだ。ナイフとフォークで食してもいいと思うほど私はこの日米の結びつき食品を荘重なる気持ちで敬愛している。

カフェで1つ注文する。それから作るので5分待つが、出来たときに名前で呼ばれるので、注文時にAnd your name?と訊かれる。名を告げて待ち、出来立ての温かいむすびをもらい、となりの珈琲店のコーヒーと一緒に外で食べる。

その名前だが、

このように、名を告げれば名を、姓を告げれば姓が注文票に書かれ、出来たときに大声でそう呼ばれる。

だから「さん」付けに慣れている我々は、「トイアーマー!!!」と呼び捨てられて驚く。ここはfirst-name basisを重んじて「ケーn!」と呼ばれるようにしておいたほうが気分が良い。テイラー・スウィフトが注文するならTaylorだろうし、エリザベス・テイラーならLiz、ロバート・テイラーならBobやRob。英国女王はやはりLizであろうと想像する。坂上田村麻呂などは大変だろうなと危惧される。TamuとかMaroとか言えば英語島にマッチするかもしれない。

ちなみに

天むす的省略(clip)があるのも職場の知恵でしょう。