英語の発音と音韻の本

新版を訳出した清水先生の新刊です。EnglishがEnglishesで捉えられるようになって久しい現在の英語発音と、強弱・高低・長短・イントネーションなどの二分野を学ぶための専門書。練習問題も付いたテキストでもあります。米国のGA(General American)、英国のRP(Received pronunciation)はもとより、各地の英語を広く水平・フラットな見方で取り上げているところが現代的(この言葉が現代的かどうかは別として)。英国出身のカー氏のこうした姿勢は、例えば様々なアクセントや人種のキャスターが世界に発信するBBCニュース番組を見れば納得。この本で英語の’複数感’が学べます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です