It’s 2022! リスニング問題

Listening question: Which is correct?

  1. It’s twenty Twenty-two!
  2. It’s Twenty Twenty, too!

解説: まあ2のようにも聞けますが、2020でもある! はないですね、要りません。

A: 1. I hope it’s the #1 year!

ーand a happy fruitful year, too!

本年もよろしく!

2 thoughts on “It’s 2022! リスニング問題

  1. 親愛なるKen先生へ
    新年明けましておめでとうございます
    東京で専門学校生時代に出会いをいただいてから 40年、Twenty plus twenty years have passed since then.でしょうか。
    これまで公私とも環境の変化が幾度とあった時もラジオを通して、まるで朝ドラのカムカムみたいですが 沢山支えてくださり、有難うございました そして今また ホームページから安心を得ることができています Kenさんのおかげでずっと英語が好きでいられて、人間や動物も好きで、学ぶより楽しくていられたと思っています。
    今は600歳間近で(笑)まだまだ新しい仕事で、英語が懐かしいという位置付けですが、fruitful も「実りある」という日本語より カラフルで豊かなフルーツがたくさんのイメージをしてしまうのは、私だけでしょうか。Ken先生のfruitfullyなご活躍をお祈り申し上げます 本年もよろしくお願いいたします

    • 有り難うございます! マザーグースやジョークも学んでいただきましたね。イメージはイマジネーションに通じ、どちらも学びに重要です。大事になさってください! 今年もお元気で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です