咲かぬなら くすぐってみよう ヤマザクラ 

もうすぐかい 咲いてるのかい 夜の花

昨夜のナイトウォークで日本語の桜関連の言い回しについて考えた。

古典:「花は桜木 人は武士」・・・ぶしつけもここまでくればさくら去る。

顕典:「花は桜木 人はその下」・・・こじつけもここまでくればさくら咲く。

これで山桜もくすぐられ、一挙に来るかもしれないが、今夜が3度Cではなぁ。

英語cherry blossomやcherry treeにはサクランボのイメージがしがみついているような気がしてならず。

桜の花からサクランボのイメージを外してsakura blossom、木はsakura tree。

こうなればこちら桜好きには心静か。さ、鞍替えをと思い、一応英語に「sakura」がどのくらい浸透しているのかをオンラインで見ると?

メリアムウエブスター: sakura  \ səˈku̇rə \ 

オックスフォード、ロングマン、マクミラン: 無し

オックスフォードUSA: sakura  /səˈkʊrə/

ケンブリッジ: sakura  /səˈkʌr.ə/

フリーディクショナリー: Japanese cherry やや不自由

sakuraは一様に-ku-にストレスがあり音高く、両側のあいまいシュワー母音に挟まれ、耳に「スクーラ」「スカラ」と来てわかりにくいが、これも海を渡る言葉の定めでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。