札幌の夜の模様

先週の札幌市での吉村亮治さん主催のムーンライトハニーの会での講演の模様です。「の」が多いなあ。私は「の」が大好きです。祝詞を聞きながら「の」を数えるのが好きです。ワグナーの「双頭の鷲の旗の下に」が「双頭鷲の旗の下に」より好きなのも和訳の「の」ののりが良いからで、ワープロソフトがすぐ<「の」の連続>というメッセージで直そうとするのを私は甚だ遺憾に思っています。それはともかく、100分話し、15分Q&Aという、おしゃべりの講演者には楽しい夜になりました。ラジオのこと、私の学び方、レベル別に私らしいアドバイス、吉村さんから頂いた3つのお題を律儀に守り、よいタイミングで新刊を紹介できたのも僥倖でした。皆さん、良く聴き、良く練習し、良く笑い、私の標語のようでした。吉村さん、ありがとうございました。

!cid_5EC6883E-1B33-4DC0-99FC-91F2F695419B@f1_octv_ne     !cid_95461994-B096-4DE4-A7C0-2014118F57A7@f1_octv_ne

熱心な講演者に勝るとも劣らぬ熱心さに満ちたご来場の皆さん

!cid_BCE93B78-9D3D-42F3-B119-2553D8E716F6@f1_octv_ne

大学教員の森田さん(左)とジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長の浦島さん。北海道の強力なPRメン!? 二人共長いお付き合いです。やはり大学教員の岡部さんや~い。

IMG_0906

イタリアンのパーティー会場で。主催者で「百万人の英語」も聴いていたと仰る札幌テレビの吉村さん(左)と出張されたNHK出版編集部の宮川さん。新刊でも宮川さんには大変お世話になりました。ノンアルコールビールで私もすっかり出来上がっています。

DSC_0253

最後にパーティーへ参加された皆さんと記念撮影を。元気頂きました。指の饗宴!指quitousなサインが・・・。

!cid_87D7F100-7605-4B72-94B4-F7E36A312F9A@f1_octv_ne

おまけ: 翌朝。前夜の美味しい食事でふくらんでおりますが、来年10月に予定されている帯広のジョイ・イングリッシュ・アカデミー40周年の目玉のひとつ杉田さん・大杉さん・遠山の鼎談などについて語り合いました。前夜祭にはジャズピアニストの演奏で1曲歌うという約束も取り付けました。破らないでね、ありがとう。何にしようか思案のし処。The Way You Look Tonightかな。Someday when I’m awfully low and the world is cold, I will feel a glow just thinking of you and the way you look tonight.   いつか私がひどく落ちこんで、世間の風が冷たいとき、私はぬくもりを感じるのです、あなたと今宵のあなたのスマイルを思って。[一部意訳あり]

皆さん、Thanks a million for your smile! 吉村さん、Stay forever young!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です