新刊が出ました!

若き編集人の方に付けていただいた渋~い書名の新刊「ラジオ英会話ダイアログ傑作選 ジョン・ドウ一家の慌ただしい日常」が出版されました。私はMeet the Doesというシンプルな英語タイトルで貢献しました。

前書きにこう書きました。

英語圏のネイティブピーカーの生き生きとした日常生活の場面を、音声的に体験できないだろうか? それも理想的な話ではなく、私たちが日々体験するような身近な問題、大小のトラブルを、ある平均的な家族の物語の中で疑似体験してもらえたら、リスナーの皆さんの英語に生活感が生まれ、交友にもビジネスにも“幅(はば)”が付き、より安定した英会話ができるのではないか? そもそも日常とは、人生とは、問題とその解決の連続なのだから・・・・・・。こうした思いから生まれたのが、このダイアログ・ストーリーです。

ダイアログには文化情報を含んだイラストが付いています。

場面をがらりと変えてダイアログに挑むAnother Situationのスクリプトです。

ダイアログの重要表現、計132表現をまとめてあります。

あるカップルが、ペット、そして子どもと、家族を増やし築きながら成長していく、大慌てのお話。2010年にスタートしたストーリーが一冊にまとまりました。樂習を。

 

「売場のやさしい英会話」30数年ぶりの改訂

1985年に書いた企業向けの通信講座「ただいま英業中 売場のやさしい英会話」(英検)が21世紀向けに改訂され、過日、産業能率大学で講演がありました。専用ゴーグルで画面を見ると外国人客が3Dで迫るという楽しくも恐ろしい仕掛けも付いています。

「売場は国内の国際化の最先端」と締めた前書きは21世紀になっても変わらずありました。顔も変わっておりません。

海外では、ある店に望みの物がない場合、They might have it at XXX. と、ありそうな店を教えてくれることがよくあり、それもMay I help you?のhelpなのだなと思うことあります。それが自店を覚えてもらうことにつながることにもなるわけです。また、日本では、客のあとを追うように動く店員さんも少なくありませんが、これはshoplifter(万引き行為者)を警戒していると誤解されても仕方がありません。売場もなかなかやっかいなので、「英業」は英会話と異文化対応の基礎basicsが重要。私の「話学」も役立ちます。BASICSにはABCが隠れていますね。

売場を担当される企業の方たちと。

 

産能大、英検の皆さん、ゲスト出演のモナ遠山と講演後の会で。

 

 

 

 

アイスクリーム豆を試食

ビロードで包んだようなこの物体。ファーマーズマーケットで発見。

ice cream treeから採れるice cream beanという食べ物。アイスクリームの味がするので命名とのこと。

側面を切って莢(pod)を開けると 黒い豆が20個ちかく入っていて、

すでに発芽し根が伸びていて、南米アマゾン出身の元気横溢。

この豆でなく、それを包んでいる白い綿のような果肉(pulp)が目標。

豆を除いて口に入れると綿あめのようで、ほのかにヴァニラの味。

締めて1ドル。It can be a good conversation piece.(いい話の種になりそうです)

新刊が出ます

NHK出版語学編集部から、「ラジオ英会話ダイアログ傑作選」が完成しました、という嬉しいお知らせが、画像付きで届きました。

4月14日、テキストと同じ日に発売とのことです。「ジョン・ドウ一家の慌ただしい日常」そしてMeet the Doesという和英タイトルの下、2010年から昨年までに放送した11話が収録されています。樂習を!

星覚さんの本

雲水の星覚さんから、新刊『身心が美しくなる 禅の作法』の改訂版を頂きました。

雲水とは辞書によると、「雲のごとく定まった住所もなく,水のごとく流れゆきてよる所もないように,諸方の禅師を訪ねて遍歴し,道を求める修行僧」とあり、星覚さんはこうした修行を経て、現在ベルリンの道場を中心に、様々な活動を通して禅を世界に広めていらっしゃる若い禅師です。

星覚さんとは、その昔、劇団UPSの芸術座公演「天気待ち」で、役者として3週間同じ舞台を踏み、その後、「ねずみ念仏」という出し物で、偽者の坊さんを演じる際に、星覚さんに知恵を借りたく連絡すると、快諾を頂き、あれこれ作法を短時間に教えてもらったようなわけで、この本でも日常のベーシックな動きに対する教えが、わかりやすく写真入り(ふんだん)で説かれています。

Q&Aも付いていて、座禅の際に無心になれない、お肉を食べても良いですか、5年婚活をしても見つからない、すぐイライラしてしまう、といった質問にも、驚くような意外な角度から答えておられます。

難しい、という先入観を、軽々とわかりやすく取り除いてくれる、考える食べ物 food for thoughtとしても、お勧めします。

「雲水」を英語にそのまま移せば

Cloudwater

いいですねこれは! ネイティブアメリカンのミュージシャンのようではありませんか!

イディオムの生き残り方

buzzwordsは新語・新表現のことで、短命のものが大変多い。一方、idiomsは長年使われた常套句が定着したものです。もちろん使われ過ぎたり時代に合わなかったりして、使用がにぶるものもあります。空腹時に当てた

I’m so hungry I could eat a horse.(定型文)

などはどその例です。

ところが、こちらに来てテレビをつけCMを見ているうちに遭遇したこの作品では、まさに上のセンテンスと、sight gag(視覚的なギャグ)が功を奏して、このイディオムに新鮮な印象を与えることに成功しています。

お腹を空かした少年が家に帰り、ただ今!と言って、アームチェアに沈み込み、「お腹が減って馬でも食べられるくらい」とひとりごちると・・・! リピートしたい際は、終わって左下に出る丸矢印をプレスします。

古いイディオムを見事に生かしたCM。うまい! ただ糖分の面でうまくないかな。

久し振りに定点観測へ

ハワイ島へ渡り、東西の交わる場所の英語を聞いて学び、文化を見て感じる”定点観測”をしてきました。ただ今回の院体験で、大事をとって離れていましたが、7ヶ月振りに観測地に戻りました。飛行機から国際空港の地面に降りる”システム”は健在でした。その古さが好きです。

It’s old school and I like it.

スタジオ風景

いつものスタジオで、いつものように録音し、合間にはいつものように歓談しています。つまり、元気に復帰することができました。

皆さん、ありがとうございました。

今月の「ラジ英」は、downsizingがテーマ。なんだか私のサイズもダウンしたかに見えますが、これは院生活で縮んだのではなく、perspectiveのなせるわざ。ただ、vanishing pointに到達しないよう、「より少ないものを楽しむ能力を開発し幸福を求める」ことを念頭に参ろうと思っています。

4月からもどうぞよろしく。