足のつりcrampについて

馬齢を重ねるにつれ増えてきたこの症状。馬鈴症と呼んで楽しいーーはずもなく。
英語では(a) crampと呼ばれ、脚によく起こるので、a leg crampというフレーズがお馴染み。老若男女、時を選ばず、しかし夜に起こることが多く、

I got/had a leg cramp last night.

とジャーナルに記したり、状況によっては人に伝えることができる。

ひどいものはsevereやbadで

I got/had a severe/bad leg cramp last night.

広範囲に起こればmassiveやhugeで

I got/had a massive/huge leg cramp.

つった場所まで伝える必要がないと思えば、legを除く。

ドカーンという音を表すcrumpと差異化するため、もっと開いた、ぎゃーやうわーといった感じの/æ/で行くと意味と辛さがよく出る。

「来た来た」という場合はgetがよりリアルで、

I’m getting a cramp.

特に、calfふくらはぎ(古語:こむら)がやられる。これはhalfとライムする発音で、上の文に加え、

I’m getting a cramp in the calf.

ただ、そんな悠長なことをやっているような場合ではないことが多く、単語レベルで

Aww, cramp……cramp……craー!

と呻く。

その他、

足指:toe(s) large toeの場合もあるし、全体がつることもある。

太もも: thigh

太もも裏: hamstring

つちふまず: arch

お腹: stomach

手指もあり、ものを書いている指がつったといった場合: I had a writer’s cramp.

      ***************

I was hit by a cramp last night.

と、言い換えることもできる。crampは、ほぼ誰にでも起こることらしく、話題にしたくないようでしたくなるという妙な現象でもある。次回はヒットされたときの英語面での対応について。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です