ぼちぼち話をしてみませんか?

近道に墓場を横切ることにしたのだが、と始まる怪談は英語にも多い。

これもそのひとつ。ハロウィーン前の英文解釈と一人語りはいかがですか。自分で自分を怖がらせて悦に入る。こんな理想的な状況はそうあるものではありません。現在形で語ってa you-are-there feelingを出すのは言うまでもありませんが誰も止めないので申してみたまで。

tap: コツコツ カツカツ  chisel: 刻む 彫る

*******

Late one night, a man takes a shortcut through the cemetery.

Then he hears this tapping sound, and he becomes scared and quickens his pace. The tapping gets louder and louder and he’s now scared out of his wits.

Then he notices a man chiseling a tombstone.

And so he says to the man, “Thank goodness! You gave me a fright of my life! Why are you working so late?”

And the man says, “They spelled my name wrong.”

********

これは出だしの人物a manをIにして過去形にするとさらに恐いかもしれません。それはともかく、刻む男のセリフをゆめゆめ忘れぬよう。

2 thoughts on “ぼちぼち話をしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です