相反する2つの意味を持つ言葉 <書き直し>

ええ?! 同じ言葉に反対の意味があるとは! 困るっ! 自分の築いた英単語世界が崩壊する音が聞こえます。その音を何度も何度も聞くことで言語受入れ力が伸びますのでKeep on listening for it! 例えば、

 out

The sun is out! 日・陽が出(て来)た! 
The lights are out. 灯りが消えている。

 strike

That was a beautiful strike! きれいに当たりましたね! [ボーリング]
That’s two strikes against him. 彼はツーストライク(あとがない)[野球]

 apology

A thousand apologies.誠に申し訳ないことで。
A strong apology for capitalism.資本主義への強い弁明

 with

I’m with you.同じ意見です。
She broke with tradition.彼女は伝統を破った。

●contronymと呼ばれるこの手の言葉。contr(反対の)とonym(語)の組み合わせです。

●ローマ神話のJanusは、戸口や門の守護神で、前後に顔があり、旧年と新年を見据える月Januaryの名祖(なおや)です。ここから生まれたジェイナス語・ヤヌス語(Janus word)は、2面性を持つ言葉を表し、コントロニムの別称です。

例をもうひとつ。ROCKは不動のイメージ。一方で、「揺るがす、揺らす、揺すってあやす、体を揺すって唄う、人を揺り動かす」という動くイメージの意味もあり。Hence, THE MOVIE ROCKS!なら「その映画、揺らす(スバラシイ)!」 そして YOU ROCK! 若めのフレーズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です