Ring out, wild bells 大晦日に英詩を

大晦日。この詩を第九と除夜の鐘に加えてみたいものです。
 英国では、桂冠詩人(poet laureate)が新年を祝う作品を書くという伝統があり、特に有名なのがこのアルフレッド・テニソン作Ring Out, Wild Bells「打ち出せ、荒ぶる鐘よ」です。
 1850年に発表されたこの詩は、行く年の汚れたものや不幸な出来事を打ち出し(ring out)、来る年への切なる願いを打ち入れる(ring in)ことを教会の鐘に託したものです。スエーデンでは大晦日の晩にこの訳詞を俳優が朗読する伝統が続いており、ストックホルムから全国にテレビで放送されます。こういう詩を聞いてから新年を迎える国があるのですね。YOUTUBEではコーラスやソロの作品を検索できます。拙訳が理解の助けになれば幸いです。良い年になりますよう。

Ring Out, Wild Bells

Ring out, wild bells, to the wild sky,
The flying cloud, the frosty light:
The year is dying in the night;
Ring out, wild bells, and let him die.

Ring out the old, ring in the new,
Ring, happy bells, across the snow:
The year is going, let him go;
Ring out the false, ring in the true.

Ring out the grief that saps the mind
For those that here we see no more;
Ring out the feud of rich and poor,
Ring in redress to all mankind.

Ring out a slowly dying cause,
And ancient forms of party strife;
Ring in the nobler modes of life,
With sweeter manners, purer laws.

Ring out the want, the care, the sin,
The faithless coldness of the times;
Ring out, ring out my mournful rhymes
But ring the fuller minstrel in.

Ring out false pride in place and blood,
The civic slander and the spite;
Ring in the love of truth and right,
Ring in the common love of good.

Ring out old shapes of foul disease,
Ring out the narrowing lust of gold;
Ring out the thousand wars of old,
Ring in the thousand years of peace.

Ring in the valiant man and free,
The larger heart the kindlier hand;
Ring out the darkness of the land,
Ring in the Christ that is to be.

打ち出せ、荒ぶる鐘よ

打ち出せ、荒ぶる鐘よ、荒れ狂う空へ、
疾駆する雲と、凍てついた月へ
行く年は夜の中で死にかけている
打ち出せ、荒ぶる鐘よ、そして死なせるのだ

打ち出せ、古きものを、打ち入れよ、新しきものを
響き渡れ、幸せの鐘、雪の世界に
この年はもう行く、行かせるのだ
打ち出せ、欺瞞を、打ち入れよ、真実を

打ち出せ、心萎えさせる悲しみを
もうここから消えた者たちへの
打ち出せ、富者と貧者の確執を
打ち入れよ、全人類の救済を

打ち出せ、次第に消えゆく大義を
そして古めかしい政争を
打ち入れよ、より高貴な生き様を
より優しき礼節と、より純粋な法律を

打ち出せ、欲望と心労と罪とを
時代の不実な冷たさを
打ち出せ、我が悲しきこの韻詩を
が、打ち入れよ、より十全な吟遊詩人を

打ち出せ、地位と血へのおごりを
 巷間の中傷と悪意とを
 打ち入れよ、真実と正義への愛を
打ち入れよ、善への普遍の愛を

打ち出せ、古き悪疾を
 金塊への深まる渇望を
 打ち出せ、古えからの戦を
打ち入れよ、一千年の平和を

打ち入れよ、勇敢で自由な人間を
より大きな心とより温かい手の
打ち出せ、この地の暗闇を
打ち入れよ、救世主となる者を 

IMG_1260
My sun sets to rise again.(Elizabeth Barrett Browning)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です