微笑むお豆腐

__ (1)

生鮮食品(perishables)のコーナーでニコニコ自己紹介しているので思わずタイトルに「お」を付けてしまったtofuのパッケージです。このスペルでどの辞書にも載っていて、発音は「トォウfゥー」〔米)、「トゥゥfゥー」(英)と日本語風ですが、語源はChinese doufu, from dou “beans” + fu “rotten”とあります。「腐」の意味を通訳するのをはばかるほどのあっさり味なのはご存知の通りです。吹き出しで語られているのは、当方堅さは中くらい(medium firm)で、パーティーなどで人との交流が大好き(I love to mingle.)。ある程度堅さがあるので前菜に、また他の材料と混ぜても良く合いますという主旨のようです。ちなみに我が国には、人生表は四角四面、中は柔軟にということわざ「浮世渡らば豆腐で渡れ」があるようです。また、原産国中国のことわざが英語化したものとされるのが、Have a mouth as sharp as a dagger, but a heart as soft as tofu.「口は短剣のように鋭く、しかし心は豆腐のように柔らかく」です。これ、TOEFLよりは易しいかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です