風から生まれたフレーズ

音量を下げてからご覧ください。

12月の街角。

慌ただしくやって来てパッと消えるこの「つむじ風」。英語ではwhirlwind、「ワーウィンd」的発音で、whirlに第一アクセントが来ます。whirlは「渦卷き」で、そういえばあのニール・セダカのヒット「カレンダーガール」の一節にあったのが
“…yeah, yeah, my heart’s in a whirl …” 「・・・そうさ そうさ ぼくのハートは大混乱・・・」

Calendar Girl: https://www.youtube.com/watch?v=8CMGSMYcg0s

その真偽はともかくも、つむじ風の特徴である短さと慌ただしさをとらえた表現に、
  It was a whirlwind visit.(慌ただしい訪問でした)
があります。
その他に、
  a whirlwind romance(短く燃えて消えた恋)
  a whirlwind tour/trip(次々に目的地を訪れる大急ぎの旅)
など。

これはネットで見つけた、つむじ風と一枚の木の葉の、役割付き変わりノックノックジョークです。

木の葉: Knock, Knock
つむじ風: Who’s there?
木の葉: Leaf.
つむじ風: Leaf who?
木の葉: Leaf me alone.

One thought on “風から生まれたフレーズ

  1. 遠山顕 先生

    I’m one of the many guys who have strong respect for you.

    To me, you are the superman in English studies.
    So English I speak is influenced by you to a great extent.

    I think it necessary for you to have enough enough rest
    till perfect recovery. I’m afraid this wish of mine
    might sound noisy to you.

    No one can replace you in this country
    now and in the future, I ‘m convinced.

    Your body and brain are the treasure for the listners
    and your lesson gives power and courage
    to many English learners.

    With full respect,

    加藤 拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です