大杉正明さんの本

先日、最終講義を拝聴したばかりの大杉先生から、新刊「あじのひものとビーフステーキ」を拝領しました。大杉カラー、大杉節全開の内容で面白い本です。先生に少年時代があった(当然ながら)ということも驚きでした!? 同世代として、英語でこぼこ道の沿道風景に見覚えありというモーメントがたくさんありました。

大杉さんしか考えつかない素晴らしいタイトル。

先生の最終講義が済んでツウショット。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です