イタリアの夜

__

学生時代、学校の塀を越えて参加した英語劇MP’68の有志が集まりました。長靴のかかとあたりにあるプーリヤ地方料理の専門店だそうで、店長、ウェイターさんたちから料理説明あり。中でもプーリヤ出身のウェイターさんは、あの、おなじみの、傘をすぼめたような手を前後に振るイタリアンジェスチャー(the Ringと言われるようですが)と、「ウズラマーメ」などの巻き舌とで熱心に解説。しばしイタリア旅行気分を満喫したとーよ。最後はカプチーノ(羊の顔付き)を車輪の軸(hub)に、傘すぼめのジェスチャーを集結。オリーブ油が利いたかWe “spoke” a lot.でした。(スポークにしては太いですが・・・。We talked a lot.のほうが会話的ですが・・・) 俳優の寺泉憲さん、最初で最後の手だけの出演でしたーね。

2 thoughts on “イタリアの夜

  1. すみません、みなさんで
    お・も・て・な・し をしているのかと思いました。
    遠山先生には、短いドラマを通じて英語を学ぶ楽しさを教えていただきました。
    ありがとうございました!

    • イタリアの人々はこのジェスチャーをしないと無口になってしまうとよく言われますね!?!  昔、私のスキットでよく頑張って頂きました! こちらこそありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です