今週の『ラジオ英会話』  Jeremy’s Epipahny

__

今週は恋愛脱出物語の最終週です。テーマは「ジェレミーの開眼」。epiphany(開眼、自己啓示)は、Merriam-Websterのオンライン辞典に、a moment in which you suddenly see or understand something in a new or very clear wayとあり、「突然重要なことがひらめき分かる、その意味が突如現出する」ということ。彼はI realized that I was inviting drama into my life.(僕は自分の人生をわざと難しくしていたことに気付いた)と告白します。invite dramaは、わざわざ難題を抱え込み劇的に悩むこと。悩みの果てにこうしたことに気付いたのですから、心の平静を取り戻すのは時間の問題ですね(個人的には木曜日に解決するような気がしてなりません)。今日のダイアログはShowdown in the Park「公園の対決」。ちなみにEpiphanyと大文字で表すと、1月6日のキリスト教行事公現祭。クリスマスから数えて12日目The Twelfth Dayとも呼ばれ、東方三賢者がキリストの許へたどり着いた日であり、キリストの劇的な出現の日とされます。またこの「エピファニー」の別名が「ティファニー」Tiffanyで、さらにこの日に生まれた女性にもその名が付けられ、後にそれが苗字にもなり、「ティファニーで朝食を」の店の名は創業者の苗字とのこと。

2 thoughts on “今週の『ラジオ英会話』  Jeremy’s Epipahny

  1. こんばんは。
    別名、ティファニー!! これでEpiphanyも覚えられそうです。
    覚え易く工夫されている先生の講座とテキスト、凄くありがたいです。その上このようなブログまで♪
    今月のようなドラマ仕立ての連続スキット、わくわくしながら楽習しています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です