世界最大の果実  jackfruit

photo

黄昏の写真。そういえば人生の黄昏を英語では黄色でなく金色でone’s golden yearsと呼ぶことがあります。ピンぼけでもあり、心許ない写真ですが、さもありなん、私の頭と、周囲にぶら下がっているもののサイズとを比べて驚いてみてください。木になる実では世界最大と言われるjackfruit (和名:パラミツ)です。40キロ近くにまでなるそうで、いつ落ちるかもしれず、笑っている場合ではないのです。jackfruitというから「太郎果」的命名かと思いきやさにあらず。インド原産で、その果実と名がスペインに渡りjacaとなり、それにfruitが付いて英名になったとのこと。アジア、アフリカ、中南米に分布。ハワイにもありました。この実は太い幹からそのままぶら下がります。ちなみに仕事のシーンで、Let’s take care of low-hanging fruit first.(低いところにぶら下がっているフルーツから片付けよう)という言い回しがあります。手を付けやすいところから、簡単なところから始めよう、という意味ですが、この木のlow-hanging fruitに限っては、イディオムが遠慮するかもしれません。もちろんhigh-hanging fruitはout of the questionです。和名の「パラミツ」は中国経由で来た漢語「波羅蜜」の和読みとか。サンスクリット語などでは「最高、完璧」の意味もあるとのこと。食べ方はYoutubeで学べますが、きちんと台所まで持っていけそうにありません。食べれば間違いなく腹満。そのうちレポートを試みます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です