和風四月一日話

昨一日、極楽寺の伽藍の大屋根で、「知らざあ言って聞かせやしょう」の弁天小僧菊之助の大立ち回りと立腹があった。また、盗賊団の首領日本駄右衛門が、同山山門上での大立ち回りの末、情けを受けて境内を去り、長い一日の幕が下りた。

と「白浪五人男」の筋書きで、実際の寺は往事スケールの大きなものだったようです。災害・戦火をくぐり抜けて、現在はしとやかに小ぶり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です