もう少し楽シュリー

ラグジュアリー! 豪華絢爛贅沢至極金銀砂子にダイアの粉末をまぶしたような響きが有ります。

そこから濁点を取り、アを外すと、英語として通じます。

有り難いもの、そう滅多にあるものではないもの、贅沢と呼べるものを表すa luxuryを使って、たとえば

  I got to have two days off. It was a luxury. 2日休みがとれた。有り難かった。

また、パターンhad the luxury of …(ing)は、・・・という滅多にないものごとに恵まれたという意味で

  I had the luxury of meeting and talking to my hero.  自分のヒーローに会い、話をするという贅沢な体験ができました。
  We had the luxury of time. They didn’t. 我々には 時間がたっぷりとあった。彼らにはなかった。

のように使えます。

どうしてもラグジュアリー!になってしまうという方は、その原因となった形容詞、

  luxurious「ラグジュウリウs」

で我慢しましょう。

Years ago I had the luxury of enjoying a long sleepy moonset. It was such a treat.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です