ココナッツウォーターに忍び寄るメトリックの手

流行のココナッツウォーターをそのまま英語で言うと上手く通じません。

ココナナッツの発音は、最初の「コ」は「コウ」、次の「コ」は軽い「ク」、「ナッツ」は「ナッ」。音高を上中下と下げながら、「コウ・ク・ナッ」と言うと通じます。そしてwaterに続けます。これは「ウォー」を高く、「ルー」を低く。

coconut water全体を言うには、はじめの音高(pitch)を一番上にして、「コウ・ク・ナッ・ウォー・ルー」と、次第に低くします。最後の「ウォー・ルー」など、喉で渋くガラガラ言うピッチレスの音になることもあります。

最近、英語圏の若い女性の間に、文末をなぜかこの喉声ピッチレスガラガラ近くまで落とす話し方が流行しています。英語の文末には大事な語が来ることが多いので、適宜上げてもらいたいものです。

「コウ・ク・ナッ・ウォー・ルー」の5段階、あるいは4段階つるべ落としの術をマスターすれば、下のようなものが出て来るはずです。(もちろん自らピックアップしてレジへ持って行けば問題ありませんが)

032

最下段に500 ml (1.06 pt) 16.9 fl ozとあります。500! 何と切りの良い数字、a nice round number! 米国でココナツ飲めばミリリットル! 美しい文字mlも、読む時は「ミ・リ・リールー」とピッチが降下します。The most beautiful sound I’ve ever heard in America―milliliter….と歌うまでもなくこの「ミリリールー」、そして「ミール―」や「キラメルー」などが、メートル法(the metric system)を用いないこの国に入り込んでいます。(この表示なら自国以外の全世界へ売れると踏んでのことでしょうか)。

そもそも計測器をmeterというのだから、そろそろイディオムも変えてはどうか。

例えば早口の人は、mileをやめて、He talks a kilometer a minute.に、

An ounce of common sense is worth a pound of theory.(1オンスの常識は1ポンドの理論に価する)は、A gram of common sense is worth a kilo of theory.

になっても良いという気構えが私にはありますが、アメリカにはどうでしょう。 Keep on smiling!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です