大津幸一さんの本

こうした本を読みたかった、こうした本で学びたかった、というあたりを、わかり易く書くことで定評のある大津先生の新刊『カタカナ語 なるほど、そうか?!』です。

前回の『カタカナ語 目からうろこ』の続編で、現代の日本語に多く見られるカタカナ語の語源や英語での使われ方などが分野別に紹介されています。
大津先生は、石巻専修大学教授で、震災・津波後の復興にも活躍されています。

One thought on “大津幸一さんの本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です