一羽でも・・・ 鶏の存在感

Why did the chicken cross the road?

野生のニワトリの多い英語島では道を横切るチキンの姿をよく見る。

19世紀半ばに生まれたというこのなぞなぞ。
実存的な香りさえする次の答えが大元。

To get to the other side.「反対側へ行くために」

ニワトリが答えたようなこの答え。
無表情で即物的な印象のチキンがこちらを向き
「ほかにあるのかい?」という声すら聞こえそう。

このチキンリドルというかジョークは、絞められることなく現代まで続き、ジョークやなぞなぞの代表格となっている。以下その証拠のように表紙を飾る鶏。

あるいは

これはエレファントジョークとの合体らしい。

公式だからcross the street/pathなどは駄目でcross the roadである。
そしてそのもじり例は質問も答えも様々である。次回腕試しを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です