今日のジョン・ウェイン

完璧なblack and whiteでまとめてある

タカ派の代表にズボンの上から surf shortsを履かせたWorld Core Surf Shopへまた見に来てしまった。 まだいた。長年英語島でライフルを振り回している唯一のcutout。今日も地に足をしっかりつけて?フロントマンとして活動中。現在の彼の墓石より。

Tomorrow is the most important thing in life. Comes into us at midnight very clean. It’s perfect when it arrives and it puts itself in our hands. It hopes we’ve learned something from yesterday.

人生で一番大切なものは明日だ。それは深夜に汚れのない状態でやってくる。完全無欠の形で到着し、自分を我々の手にゆだねる。我々が昨日何かを学んだと期待しながら。

うーむ、問題発言多々ある人物だったが、彼にしか出来ないような言い回しは流石だ。

2 thoughts on “今日のジョン・ウェイン

  1. 総天然色の世界に白黒の人物といえば、カイロの紫のバラです。また観たいものですが、ウディ・アレンの映画もいまや素直に楽しめなさそうで手が出せない!という困った事態に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です