A falls on B

大昔、高校の頃かな、このイディオムはよく祝祭日について使われることを覚えた。Aという日が降下してBという日に着地し、その日が休みになったり、特別な輝きを持ったりする。このイメージはつかみやすかったなあ。小昔、しばらく病院の厄介になり、筋肉がほぼ100%落ちた頃、歩行練習が始まったあの初日を思い出す。physical therapistの方が、まず廊下を50m歩くのに随行してくれたのだが、私はそのとき、歩ける、と確信した。大したガッツは持ち合わせていないが、英語だと、My gut feeling told me I could do it.と”腹”で感じ、嬉しくて角を曲がるときに飛行機の真似をした。本題だが、諸事情を飲み込んで月曜日、重くないか。子供の頃、祭日のバラツキは天恵のように感じた。1月15日 連邦祝日 マーティン・ルーサー・キング・Jr誕生日を控えてのあれこれ。この日は連邦職員はお休み。学校の多くは休校、一部は開校しキング氏の業績を教える、商店は閉店するところもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です