A falls on B

大昔、高校の頃かな、このイディオムはよく祝祭日について使われるということを覚えた。Aという日が降下してBという日に着地し、その日が休みになったり、特別な輝きを持ったりする。このイメージはつかみやすかったなあ。

本題だが、諸事情を飲み込んでじっと赤くなってる月曜日、重くないか。子供の頃、祭日のバラツキは天恵のように感じた。1月20日 連邦祝日 マーティン・ルーサー・キング・Jr誕生日を控えてあれこれと考えてしまう。当日連邦職員はお休み。学校の多くは休校、一部は開校しキング氏の業績を教える、商店は閉店するところもある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です