Kobeの死とJackの家

プロバスケットボールの伝説的プレーヤーKobe Bryantが亡くなり、グラミー賞のイベントは、彼への追悼で始まった。

グラミー賞が毎年開かれるのは記事にもあるStaples Centerで、ここはプロバスケットボールの試合が行われる会場でもある。記事の見出しは、 ブライアントの人気も大いに手伝って存在するアリーナで、この音楽賞授与式を始める悲しみを、「コービー・ブライアントが建てた家で心痛む」 と表したもの。挨拶に立ったAlicia Keysは、
“We’re literally standing here heartbroken in the house that Kobe Bryant built.”
と述べている。
ネット上の記事には、
This Is the House that Kobe Built
というものまであり、マザーグースの積上げ詩
This Is the House that Jack Built
の大衆文化への浸透度を感じさせる。

娘さんと一緒だったという。
苦難・闘病の末に亡くなった方に
He/She went to a better place.
He/She’s in a better place.
という言葉があるが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です