元気一パイの広告

__

機内雑誌の裏表紙にあったHula Pieという食品の宣伝です。広告界では人口に膾炙したイディオムやことわざをもじって大きな収益を上げる”ひねり技”がひんぱんに用いられます。これもその一例です。大元のことわざが、

You can’t have your cake and eat it, too.(ケーキを所有し、かつそれを食べることはできない)

要するに、持っていたいなら食べられないし、食べたいのなら持っていることはできない、ということで、moral(教訓)は矛盾する2つのチョイスは両立できない、You can’t have it both ways.(両方は無理)です。どこかつかみにくいことわざです。いっそ前後をひっくり返して、You can’t eat your cake and have it, too.と言うとよりわかりやすいのですが、老舗のしぶとさで、元の形が使われます。

この広告の写真を撮って、あるいは、QRコード(QR code)をスキャンし、メールで送ってもらったクーポン券(voucher)を指定店で見せれば、写真のフラ・パイ(Hula Pie)を無料でゲットして食べることができるという仕組みです。そのgetをhaveに掛けてHave (get) your Hula Pie and eat it, too.と言いたいのでしょう。何とか的に当たっていると思われます。

ところでジブラルタルの岩のような格好ですが、実際の大きさはどうなのでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です