夏の雨の朝に冬のセーターを洗う

これ以外は一切しないという行き方もあり、これ以外もしてみようかという進み方もあり。後者を取って初めてセーターを洗ってみた。久々に海岸へと思ったが、朝は灰色の雨降り。諦めて洗う。予報では2時間ほど雨マークがない。そのあと雲と雨のアイコンが続く。窓際にタオルを敷き、その上にセーターを広げると陽が射してきた。Really? Seriously? あるいはYOUが誰かは各自首をひねるとしてYou’ve gotta be kidding me.。雨合羽を持って相方と海へ。到着。富士さんは白雲にまみれて見えず。それにしてもどこもかしこも青い! ”名物”のトビたちは黒い。

橋を渡ると青空の底に竜宮城。別名小田急江ノ島城。

よく行くスタバが閉店していた・・・・・・・・・・・・。ショックを乗り越え別のところへ行くと、コーヒーが、懐かしい英語島の挨拶で迎えてくれた。

料理はよくわからないが、うまいコーヒー。未だ午前。暗く速い雲が来たので海にタッチせずに帰路。帰宅してしばらくするとすごい雨だぁ。It’s really coming down.(これで土砂降りとして通じます) 東海をチェックするとまだ降っている。大事にならぬよう。2時間の青空に多謝。

The Moral: Wash your winter sweater on a rainy summer morning, and see what happens.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です