タイガー・ウッズ事故のヘッドラインが・・・

ヘッドラインの
  a long shot
は、的までの距離が長いというイメージから、
  成功の確率が低い
という意味合いで慣用句化したものです。

 ただ、「成功の確率が低い」とズバリと言わずに、ウッズの再度のカムバックは「的まで長い距離がある」とぼかし、「的に当たらないとは言っていない」といったメッセージを送ることができる、というあたりにイディオムのパワーがあります。

 ただ、しかし、ゴルフ選手についてこの慣用フレーズを使うのは、それもこうした深刻な内容の記事の見出しに入れ込むのは、ちと公平を欠くような気がします。I feel it’s a little unfair.といった気持ちです。
 もちろん、通常、Her recovery is a long shot.のように頻繁に使いますが・・・ I hope he gets better soon.

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です