美の真髄

The quintessence of beauty 

と呼ぶのはやや誉めすぎかもしれないが、そこは掛詞故引き算をするように。

quinTESSENce 精髄 真髄 

と、花の和名を入れ込みました。鉄線・テッセン・クレマチス。 

注意: 発音やや難有り

食用だったらdelecaTESSENでもよかったのだが。

quintessence(真髄)のquintは5、古代ギリシャでwater, earth, fire, airの4つのエッセンス・エレメントに次ぐもので、天体を構成するとされる。リュック・ベッソンの映画『フィフス・エレメント』はこのあたりからでしょう。とにかくそれがpurest essenceという意味に転意したという。

会話に、Merriam-Webster Onlineの例文には:
  The quintessence of music is the melody. [真髄]
  He was the quintessence of political professionalism. [典型]

発音は「クゥイnスns」。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です