アインシュタインとチャップリンのやり取り

chiasmus(カイあzムs)は通常個人で行うレトリックで、JFKの有名な言葉がよく引き合いに出されます。

 Ask not what your country can do for you, ask what you can do for your country.(皆さんの国が何を皆さんにすることができるかと問うのではなく、皆さんが何を皆さんの国にすることができるかと問うてください)

最初のフレーズの語順を2番目のフレーズで逆にするというトリックを指すことがあります。和訳:交錯配列法、は交差配列法、交錯配語法、交差配語法、交差対句法など。

これを二人で行った珍しい例が、アインシュタインとチャップリンが初めて会ったときに起こりました。但し、カイアズマス風だと断っておきます。

かいつまみますと、ア氏がサイレント映画の王様に「一言も言わないのに世界中があなたを理解する」。チャ氏が物理学界のチャンピオンに「誰も理解しないのに世界中があなたを崇める」。

Einstein said: “What I admire most about your art is that it is universal. You don’t say a word, and yet the world understands you”.

Chaplin replied: “That is true, but your fame is even greater: the world admires you, while no one understands you”.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です