fishをghotiとつづれる言語!

“It smells as sweet …”

19世紀、英国の編集者チャールズ・オリアー氏が私信で、息子がghotiでfishと読むという言語遊戯を行ったと記したのが初出だといわれています。その心は? 例えば、

laughやtoughのgh=/f/

motionやfictitiousのti=/ʃ/

真ん中のoはというと、women/wɪmɪn/のo

文法面では比較的シンプルだが、その綴りがクレージーだと言われる英語。

これから数十年、数百年の間に英語の綴りに変化が起きるのか? 首を伸ばしたい気もしますが。

2 thoughts on “fishをghotiとつづれる言語!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です