8の付く英語表現 2 「ちょっと9杯目」

8分の1を英語では

  one over eight

英語では分子が先です.

語順通りに訳せば「1が8の上」。

少し飲み過ぎた状態であることを

  He’s (He has) had one over (the) eight.

と表せます。こちらは分数ではなくって、「8を越えた1を持ってしまっている」、「8を1つ越えちゃってる」という意味で、ビールと関連のあるイディオム。語源は、1パイントのビール(約0.47ℓ)は8杯を越えると酔いが始まるという俗説によるとあります。西洋のものにはアルコール度数が4.5あたりのものも多いとのことで、そのせいか、10年を越えて下戸のぼくには、日本のビールの影響力を8のしばらく前に感じていた記憶があります。

「あの8」というthe eightのtheを取って裸の8にしたほうがミステリアスな響きがあり、何々? 彼は1つ8を越えて・・・あ、多分ああいうことだろう、と思わせるに十分です。

もうすこしはっきり、しかし「ちょっと飲み過ぎてる」まで行かずに、

  He’s had one too many.

という表現はお馴染みです。訳も

  「1つ(1杯)多すぎる」

あたりだと英語のレベルと合うようです。

He’s drunk/had too much (beer).やHe’s a little drunk.といったズバリ切り込む生々しき表現を避けることができるイディオムに乾杯。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です