英語のピカイチリドル

What is black and white and /red/ all over?

「全体が黒と白と/red/のものは?」。これは、英語圏で育った人間ならおそらく誰でも知っているriddle(なぞなぞ)です。

大きくなってから移民した人の場合は、その子どもが覚えてきて、親にこの質問をします。全体が黒、白、赤のものを頭に浮かべようとしていると、

It’s a newspaper!

という子どもの声が聞こえます。

Why?

と親が尋ねると、

Because it’s in black and white―

ああ、なるほど、「印刷物」のことだなin black and whiteとは、うーむ、わしの子どもも大きくなった、と感心しているところに

And it’s read all over.  You know, R-E-A-D, read.

ああ、子どもにスペルまで教わってしまった。自慢の子が出来た。つまり、「印刷物であちこちすべて読まれるものだから新聞」ということか。

口に出せばredもreadも同じで、薄き味噌汁、そこがミソです。

このredとreadはhomophones(同じ音で綴りが違う語)です。homoは「同じ」、phoneは「音」です。

さて親は2番目の息子を犠牲者にしようとこのリドルをかけてみます。教育目的もあるわけですから。30年代の人気映画シリーズの名探偵で子沢山のチャーリー・チャンがいたなら、number two sonと呼ぶでしょう。

それはともかく、ナンバーツーサンは知らないのか答えないので、親が得意げにIt’s a newspaper!と言うと、ナンバーツーサンが、

No, it’s a blushing skunk,(いや、恥ずかしがっているスカンク)

とニッコリ。実はこの黒白/red/のリドルは、ああ言えばこう、というplan B付きです。Bの場合は、このように/red/が「読まれる」でなく「赤」で、その他、

A sunburned penguin.(日焼けのひどいペンギン)

An embarrassed zebra. (きまりの悪いシマウマ)

A communist nun.(コミュニストの修道女)

など様々で華やかです。KOSとしても黙っておれないので、和風plan Bを2点。

A panda celebrating Kanreki. (還暦を祝っているパンダ)

A squashed Ichigo Daihuku. (つぶれた苺大福)

そして手近な画像で締めておきます。これも答えになりそうな。私の好きな本のうちに入っています。

IMG_0179 IMG_0180

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です