雪の夕刻 幼稚園の前で歩を止める

昨夕、録音の仕事が終わり、地上への階段を見上げればグレーの四角一杯に粉雪の乱舞。とぼとぼと雪踏みしめて進むも楽し。途中、幼稚園児の歓声が塀の向こうの庭から流れ出て冷たい耳に快い。外に貼られた絵にも雪が積もる。

そこで先日アップしたR・フロストの詩を再度。訳やや変わる。

Stopping by Woods on a Snowy Evening Robert Frost
雪の夕刻 森の前で歩を止める ロバート・フロスト

Whose woods these are I think I know.
His house is in the village, though; 
He will not see me stopping here
To watch his woods fill up with snow.

この森の持ち主が誰かは見当がつく
彼の家は村にあるのだが
彼には見えまいここで歩を止めた私が
雪で満ちてゆく彼の森を眺めるために

My little horse must think it queer
To stop without a farmhouse near
Between the woods and frozen lake
The darkest evening of the year.

私の小馬は奇態に思うはずだ
農家もないところで止まったことを
この森と凍結した湖の間で
一年で最も暗い夕刻に

He gives his harness bells a shake
To ask if there is some mistake.
The only other sound’s the sweep
Of easy wind and downy flake.

彼は面懸(おもがい)の鈴を一度揺らす
何かの間違いではと問うために
音はといえばあとは吹き過ぎる
わずかな風と綿雪

The woods are lovely, dark and deep,
But I have promises to keep,
And miles to go before I sleep,
And miles to go before I sleep.

森は美しく、暗くて深い
が私には固い約束がある
まだ何マイルも行かねば眠る前に
まだ何マイルも行かねば眠る前に

昨夕は綺麗で明るく小さなコンビニの前でも立ち止まったけれどあと5分の1マイル行かねばと・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。