till the starlings come home

駅前の3本の木に宿る大勢のムクドリの群れmurmuration。

文字通り天敵のカラスやトンビを威嚇するような飛行ショーと、それを終えて帰宅するまでの記録の一部を。

音を下げて。

そして

until/till the cows come home 「ウシたちが帰って来るまで」

は 「いつまでも 延々と 長々と」という意味のイディオム

牧草地(pasture)からなかなか戻らないウシを待つ人間のイライラから生まれたもの。これだけ尽くしているのにもう、とウシの皆さんには傍迷惑以外の何ものでもないだろう。

ただムクドリに関しては

It doesn’t take much time till  the starlings come home.

である。15分くらいだろうか。それにしても皆さん食事はどうしているのだろう。

参考: ウシのIDIOMOOの由来説 Wiktionaryより

Possibly from the fact that cattle let out to pasture may be only expected to return for milking the next morning; thus, for example, a party that goes on “until the cows come home” is a very long one.

Alternatively, the phrase may have a Scottish origin, and may derive from the fact that cattle in the Highlands are put out to graze on the common where grass is plentiful. They stay out for months before scarcity of food causes them to find their way home in the autumn for feeding.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です