「もっと健康が起こる」?

Attention-getting、eye-catchingは広告界の合い言葉だと言って間違いないでしょう。文法ルールを破るというのも一つの手。日本では「美味しいが恋しい人に」(自作かと 思えばヒット 十あまり)のような形容詞主語的キャッチはごまんとあり、英語圏でもたまに次のような作品が登場します。

よく見るとmakeの目的語にもなっている。形容しがたいワードアドベンチャー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です