オートパイロット

on autopilot「自動操縦で」「オートパイロットで」という表現が、乗り物の世界を離れ、「自動的にやれる、何も考えずにできる」という意味でイディオム化(慣用句化)している。その例を2件。

まずポール・マッカートニーの談話。「エリナー・リグビー」を唄うときを例に出して、いかに歌詞が自動的に出てくるか(”I’m on autopilot.”)、ただし今日は何を食べようかなどと考え出すと歌詞が出なくなる、そのときは有り難いことにテレプロンプター(teleprompter)がある、といった裏話をしています。

*******

ボブ・ディランも忘れるのだろうか。次は米国経済立て直しのため、ドルの印刷機を惜しみなくオートパイロットにせよ、という記事のタイトルです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です