as it isとハロウィーン

子供時代と言っても実際には短いものです、

この「実際のところは」「と言っても実際には/実情は」「今の状態では」といった意味を伝えるのに

as it is

があり、次のポストのように使われます。

ハロウィーンのtrick-or-treatingには、ティーンが混じっていることがあるが、こうした訪問者に、スニッカーバー(のようなtreat)を出し惜しみ(begrudge)してはバチが当たる、という主旨の内容です。最後に理由として、「子供時代(と言っても、それ)は実際のところ短いものだから」と加えています。東京時代には100人以上がやって来るという10月31日もありましたが、そう、確かに日外の中高生も数人来ていましたね。「子供時代というものの尻尾の先にしがみつこうとするティーン」とありますが、面白がる中に、そうした切ないものがあるのかもしれません。

では英文解釈をどうぞ。

From Instagram

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です