猫のお供え(offering)

ソフトキャットフードを振る舞った今朝のcat food bowl。 ソフトが嫌いな猫はいないだろう。ただわずかながら残してある。それを「猫が残したお供物」と解釈したのは俳優クリストファー・ウォーケン。ファンにはおなじみの次の言葉だ。

I like cats a lot. I’ve always liked cats. They’re great company. When they eat, they always leave a little bit at the bottom of the bowl. A dog will polish the bowl, but a cat always leaves a little bit. It’s like an offering. ―― Christopher Walken           

鳥がやって来て”お供え”を持っていくことも多い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です