case and spike―words to remember

日本語「ケース」の祖caseは「症例」を表し、「感染者」もcaseと呼びます。

There are a lot of new cases.

そして、casesの前にcoronavirusを付ければ2020年になります。

スポーツ界で「スパイク」というと上から下へ向かってボールを強く打ち込む・投げ込むことですが、動詞の自動詞になると、「急増する」という意味にもなり、

Virus cases are spiking.

のように、下から上へ強力に上昇するrapidly increase という意味合いを持ちます。

Stay safe.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です